ログイン
ユーザ名:

パスワード:


⇒ パスワード紛失
スキルアップ研究会とは
スキルアップ研究会の活動
メンバー事務所 : 社労士スキルアップ研究会のご紹介
(3991 ヒット)

さてさて、今日は社労士有資格者の自主勉強会、社労士スキルアップ研究会のご紹介です(^∀^)

資格はとったけれど、今後どうしよう・・・
知識がさびつかないように勉強する機会がほしい・・・
末永くつきあえるような人脈を築きたい・・・

そんな方にピッタリの勉強会なんです。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

私はこの会の恩恵にあずかっている一人なんですが、そもそもなんではじめたんだろう?よく続いてるな?などなど、知りたくなったので、代表幹事の村田充宏さんにインタビューしてきました!!

どら「社労士スキルアップ研究会は、2005年5月から自主勉強会をスタートさせ、今月17日で第39回むかえるそうですが、最初は何故はじめようと思ったんですか?」

村田さん「最初は、色々な勉強会に出てみたんですよ。会社で付き合いのあった社労士さんの紹介や、ネットで調べて、行ってみたんです。でも、自分が積極的に参加し発言する会っていうのがなかったんですよね。話を聞く会になってるというか。終わったあとの質問も出ないような感じで年齢層も高かった。面白くないな、と思ったので、だったら作っちゃえって思ったんですよ。」

どら「えー!面白いのがないなら作っちゃえって思ったんですか。すごいですね。」

村田さん「松崎先生という方が事務指定講習のメーリングリストを運営されていて、その飲み会があったときに、同じ席にいた人たちに呼びかけてみたら、やってみようという話になりました。4人でです。

その後メーリングリストで呼びかけたら9人集まりました。どういうふうにやっていくか打ち合わせて、第一回の勉強会までこぎつけました。20人集まりました。」

どら「最初から20人も集まったんですか!事務指定講習が始まる前にやったんですよね。へえええ。
面白いのがないなら作っちゃえという話ですが、他の勉強会にはない、社労士スキルアップ研究会の良さってどういうところだと思いますか?」

村田さん「主体的に参加することができる会というところです。
それから平均年齢がこんなに若い会はないと思う。女性も多いです。扱うテーマも多様で、社労士としての知識の向上に限りません。講師をやる人が、参加者のことを考えながら自分でテーマを決めて作り上げていきます。それが面白いと思うんですね」

どら「なるほど。講師は立候補したメンバーがやるわけですが、テーマは任されているのですよね。難しいですが、作り上げる面白さがありますよね。運営で苦労している点とかってありますか?」

村田さん「苦労・・・。もう慣れちゃってるので苦労ってあまり感じないです。
月に2回勉強会を開催しているので、講師を決めて会場を決めて告知して・・・っていう一連の流れをスムーズに行うのが大変なこともありますが。あとは主催者としては、集まらなかったらどうしようとか、気苦労はありますね。」

どら「うんうん。そうですよね、心配ですよね。大変だと思います。やって良かったと思うときはどんなときですか?」

村田さん「それはもう、感謝されたときです。ありがとうって言われるとき。
本当に良かったと思います。」

どら「報われますよね、ありがとうって言われると。そういえば、関西支部もできたんですよね。」

村田さん「はい。将来的には全国展開ありますよ。主体性があり、能力を発揮できる人の集まりにしていきたいんです。社労士、をキーに集まっていますが、言ってしまえば社労士でなくてもいい。みんなが主体的に動いていく、社会を自分たちで変えていこうっていうふうになれたらいいと思うんです。場所は離れていても、情報交換していきたいし、広がっていったらいいなと思うんですね。」

どら「社労士じゃなくてもいいんだ(笑)。でも、そんなふうに、自分たちで変えていくんだっていう主体的な集まりが広がっていったらいいですね。面白いと思います!
次に、今後どういう会にしていきたいですか?っていう質問を用意していたんですが(笑)、今の話ですよね。」

村田さん「そうですね(笑)。まぁ話すと長いですよ(笑)。広げていきたいです。」

どら「紙面の都合もありますからね〜(笑)。では最後に、この記事を見てくれている方に何かメッセージはありますか?」

村田さん「自分で壁を作ってしまわないでください、っていうことです。可能性は広いです。自分のやりたいことに向かって、一歩を進めてもらいたいんです。」

どら「村田さんが、社労士スキルアップ研究会を作ったように・・・。村田さんにとって、一歩だったわけですよね。」

村田さん「はい。いろいろお話ししましたが、こういった理想を実現するためにどうしていくかが自分にとって課題です。みなさん、一緒に頑張りましょう!!」

どら「そうですね、頑張りましょう!
今日はお忙しい中どうもありがとうございました!!」



インタビューを終えて

「面白いのがないなら作っちゃえ」っていう発想、大好きです(笑)。
でも、それだけじゃないのがスゴイところ。
継続して毎月勉強会を開催し、著名な先生を呼んだり、イベントを企画したり。
知識を得るだけではなく、参加する面白さ、作っていく面白さを実感できる会だと思います。
村田さんはクールな印象がありますが、こんなに情熱的に話してくれて、(本当はこの文面の3倍くらい話してるんですが(笑))、とても楽しかったです。


ライター「どら」

平成17年度社会保険労務士試験合格。
現在有資格者。
☆その他保有資格
第2種衛生管理者
簿記検定2級

ライター「どら」のブログはこちら
さむらいコピーライティング道






印刷用ページ このニュースを友達に送る

Copyright (C) 社労士スキルアップ研究会 All Rights Reserved.